文化・芸術

岐阜県美術館 『いま、日本画は-遠き道 はて無き精進の道程-』

今日まで、岐阜県美術館で『いま、日本画は-遠き道 はて無き精進の道程-』という展覧会を開催している。出品作家の顔ぶれを見て、行きたいとは思わなかったのですが、一応、仕事に近い世界でもあり、昨日見に行ってきました。美術館の企画展というのは、自前で企画し開催するものと、新聞社や出版社が企画したものを丸ごと買って開催するものがある。今回の『いま、日本画は-遠き道 はて無き精進の道程-』は後者であろうと思う。岐阜県美術館の優秀で情熱あるcurator(学芸員)はこういうつまらない展覧会はしない。わたしは美術館業界に精通しているわけではないが、こういう展覧会を岐阜県美術館主催とすることには内心忸怩(じくじ)たる思いがあるのではないか。岐阜県美術館は過去に『在るということの不思議佐藤慶次郎とまど・みちお』、『織部(おりべ) いわゆるオリベイズムについて』、『日本的なるもの書くこと描くこと』、『「飛騨の版画」そのルーツをたどる。武田由平展』など企画者の意欲と努力が伝わる展覧会をいくつも開催してきた。美術館を取り巻く現状は厳しく、価値ある企画が収益や入場者数を優先する行政から評価されないという現実もあるでしょう。しかし、日本のプロ野球のように、当事者(経営者)の側が、野球に情熱や愛情がなければ、結局は衰退の一途をたどるように、美術館であっても、美術館が本当の美術の魅力、価値、あるいは厳しさを《表現して見せる場》でなくなれば、荒川修作がいうように本当に美術館の存在意味が、というよりもcuratorの存在意味が無くなってしまう。そういう今こそ、《いま、美術館は》と世間に問う気迫を見せて欲しいものです。さて、展覧会の感想を少々書こうと思って話しがずれてしまいましたが、『いま、日本画は-遠き道 はて無き精進の道程-』はタイトルは壮大であるけれど、内容は公募団体御三家の日展、院展、創画会の幹部の作品を並べただけ。これで『いま、日本画は』と現代日本画を切って見せたとするなら、日本画の世界というのもほとほと駄目になってしまったということを切って見せたということなんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『日野市立新選組のふるさと歴史館』

最近武蔵野市在住の歴史学者の西脇康さんと交流する機会が増え、今日もこちらの都合さえ付けばお目に掛かれるところでした。この方、総称すれば歴史学者で間違いはないのでしょうが、史料学者であり、貨幣学の権威であり、博物館の企画もされ、昔でいえば、「浪人」、テレビドラマ風にいえは、「必殺仕事人」といった風情で、実際には、わたしもその正体を掌握できていないというのが本当のところですが、現在、『日野市立新選組のふるさと歴史館』の企画に携わっておられます。わたしも、まだこの『日野市立新選組のふるさと歴史館』に行ったことがないのですが、いただいた展覧会図録から察するに、また、西脇康さんの人物像から察するに、ここは〈ただ者ではないぞ〉という予感を受けております。この歴史資料館、名前の通り「新撰組」がコンセプトかと思いますが、開館記念展が、「新選組誕生」で、次が「新選組 京都の日々」、その次が、「新選組 戊辰戦争のなかで」、そして昨日から始まった企画は『銃砲から見た近代の夜明け』で、次回は来年、新選組のその後から自由民権運動までを取り上げた展覧会をするそうです。きっとこの繋がったテーマの裏には、明治維新から近代にいたる日本の歴史の真相に迫ろうとする並々ならぬ野心が隠されているに違いありません。わたしの『美術館マンスリー』の次回テーマは『靖国神社遊就館』ということなので、いわゆる人間の情念の露出というべき〈心性史〉の側面を持つ『靖国神社遊就館』と、それとは対照的に〈古文書学〉の手法に立っているだろう『日野市立新選組のふるさと歴史館』との比較対照は大変興味深いところです。

皆さん、もうすぐ、64回目の日本の最も長い一日ともいわれる8月15日がやってきます。ぜひ、『日野市立新選組のふるさと歴史館』と『靖国神社遊就館』の両方に行かれて、日本の近代というものが何であったのか、(わたしは今でも近代は繋がっていると思いますが)考えてみてもいいのではないでしょうか。それもまた、供養の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

文楽

文楽を見に行ってきたました。演目は寿二人三番叟と生写朝顔話。親しいお客さんから、券が余っているからということで誘われて、一緒に女房と小学5年生の娘を連れて行きました。会場は、岐阜市から50㎞ほど長良川沿いを北上した郡上市大和町。高速道路を走って40分位のところです。郡上市と言っても、八幡町、大和町、白鳥町、高鷲村、美並村、明宝村、和良村が合併しただけで、どこも山間ののどかな田舎町です。文楽の感想はさておき、定員350人の会場は満員、大半が地元の人で、年配から年寄りが多いのですが、子供は入場無料なのに私の娘一人。女房と、どうしてかなと話題になりましたが、田舎の親は「そんなもん子供が見ても面白ない」で、都会の親は、「日本の文化だから、見てみたら」、そういう違いではないかということで意見が一致しました。その推察が正しければ、田舎の親の方が自然ですね。但し、わたしが娘を連れて行ったのは家に一人で置いておけなかっただけで、途中からロビーでマンガを読んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川修作・シンポジウム『これからの都市と美術館』(岐阜県美術館)

昨晩、荒川修作さんをゲストに招いた『これからの都市と美術館』(岐阜県美術館)というシンポジウムに行ってきた。パネラーに、名古屋ボストン美術館館長の馬場駿吉さん、豊田市美術館前副館長の青木正弘さん、岐阜県美術館館長の古川秀昭さん、岐阜市長の細江茂光さん。実は積極的に行こうと思ったのではなく、数日前に古川秀昭さんに誘われたからである。(聴衆動員のためであろう)なかば社交的付き合いが理由であった。シンポジウムは、前半が荒川修作さんのインタビューで後半が荒川修作さんを交えてのディスカッション。いきなり、「本居宣長なんかゴミ箱に捨てろ」で、わたしはこころの中で喧嘩を売ってきたなと思ったが、全体を通じて荒川修作さんは、話の流れとは関係なく自分の言いたいことを言っていたというか吠えていた。荒川修作さんの話は、自分は世界最先端の生命科学者でもあるという話からはじまり、現在に至る近代文明批判、個人や社会の既成概念への批判から、それがいかに人間そのものの未知なる能力、本来備わっている感覚を疎外しているか、そして、人間は300歳までだって生きられるのだと力説し、自分は現代のレオナルドダビンチになるのだと、持論である「芸術、科学、哲学の総合」について語っていた。また、現在の予算を縮小され、思うような活動のできない美術館の現状を憂い嘆く司会役の青木正弘さんに対しては、「いつまでつまらんことを言っているんだ! 美術館なんて不要だからつぶれるんだ!」とさかんに噛みついていた。たしかに、荒川修作さんの言うように、美術館側が思うほど、世間は美術館に期待していないし、必要としていないとわたしも思う。また、お上に対しお金をくださいなんてお伺いを立てるのも情けない。実は青木正弘さんは私の高校三年生のときの担任で、荒川修作さんに叱られて焦っている先生の姿を見ることは愉快でなくもなかったが、往年の青木先生は、この日の小役人のような姿ではなく、生徒のことなんてどうでもいいというふうに、つなぎ姿で、夕方暗くなるまでグラインダーで石を削っていた。また、これも余分な話ですが、古川秀昭さんも青木先生と同じように美術館の現状について語っていましたが、この方も、今から30年ほど前はこんなことをしていたのです。このシンポジウムについて、現在の美術館の在り方について、また、荒川修作について、わたしなりに言いたいことを、ここから長々と書き継ぐのも大変などでこのへんで止めにしますが、古川秀昭さんにしても青木先生にしても馬場駿吉さんにしても、美術館という架せられた枠のなかで、一生懸命にやろうとされていることを、荒川修作さんのように一刀両断に切り捨てることが実のなることだとはわたしは思いません。古川秀昭さんにしても青木先生にしても馬場駿吉さんにしても、荒川修作さんとは違う場所で同じように現在と格闘しているのです。しかし、わたしも荒川修作さんと同じように、無責任なことを一言いうならば、組織というものは、それ自身大きくなろうとする特質を持つが、一方で、組織のなかに帰属する人間を小さくさせるものだと、青木先生の若き頃、古川秀昭さんの『いろはにほへど』を思うと、感じるのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)