« 2009年10月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年11月

市橋達也と「母に捧げるバラード」

市橋達也の親の話しを聞いていたら海援隊の『母に捧げるバラード』を思い出しました。僕は武田鉄矢という人がそう偉い人だとは思わないけれど、この歌の詩は、親の姿の見本として大いに共感できます。この歌の母は、《働いて、働いて、働きぬいて、休みたいとか遊びたいとか、そんな事おまえいっぺんでも思うてみろ、そん時は、そん時は、死ね、それが人間ぞ、それが男ぞ》と言うのです。 休みたいとか遊びたいとか思っただけで、死ねですよ、市橋達也ならどうです。僕は市橋達也のような親がどうだとかではなく、『母に捧げるバラード』には、教育の原点、正しい親子の姿があると絶大に思いますね。

↓武田鉄矢のトークと歌を是非聞いてみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=xu2_ZjGs8Ls

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年2月 »