« 笠原研寿という人 | トップページ | 吉田松陰 »

南條文雄という人

前回の「笠原研寿という人」に引き続き、「南條文雄という人」に少し触れておきたいと思います。南條文雄という人は大変詩作が好きであったようです。またそれを揮毫することを好んだようで多くの書を遺しています。南條文雄の書は残念ながら高く売れず、また安くとも売れずで、これは書画屋として反省しなければならないのですが、売れない人の作品を見ると、「あぁ、売れない人だ」という思いが先に立ってしまいます。もちろん、「(偉い人なのに)どうして売れないの」、「どうしてこんなに安いの」とも思うのですが、どうしてもその現実に負けてしまう。何か無気力状態になってしまう。そして「あぁ、売れない人だ」ということで過ぎていってしまう。これは書画の価値をはかる基本中の基本ですが、芸術家の書画であっても、学者、政治家、宗教家のような歴史人物の書画であっても、その為した仕事の価値、その人物の魅力によって決まってくるのです。そうでなければならないのです。そして、書画の価値と書画の価格というのは均衡していないとおかしい。価値のある人の書画が安く、価値のない人の書画が高くてはおかしいのです。もちろん量の問題もあります。当然ですが、作品が希少であればその価値以上に高くなる。また、量が多ければその価値以下に安くなる。南條文雄の場合後者ですが、だからといってその作品の価値が低いというわけではないのです。価値のあるものが安いのですから結構なことですが、問題はそのバランス、価値と価格のバランスが不当に崩れているのです。結局、書画屋の仕事というのは、そこをちゃんと見据えて商売ができるかどうかということが肝要なところです。不易流行という言葉がありますが、書画屋は不易を守ってこそ成り立つ、まずもって不易を求めなければならないと私は信じます。話しが回りくどくなりましたが、要は南條文雄は不当に安いと言うことがまずもって言いたかったことであります。そして、今はその現実の中でお客さんにお勧めするしかないのでありまして、『お金の無いかた』、『床の間に何でもいいから掛け軸が欲しい方』、『一幅で一年中用を足したい方』、また『真宗門徒の方』はぴったしでございましょう。南條文雄の場合、長良川画廊にお越しになれば、だいたい綺麗な二行詩書掛け軸で『20.000円以下』でございますから、通信販売やギフトショップで売っているようなあわれな掛け軸をお買いになるのであれば、どうぞ南條文雄の書をお買い下さい。そんなことで、少しずつ売れるようになれば、価格もその価値にふさわしい水準になってくるでしょう。さて、「南條文雄という人」についてですが、私はこのように偉そうなことをいいながら、実は南條文雄について梵語学者で郷土の偉人であるという程度の、「あぁ、売れない人だ」という程度の浅はかな認識しかなかったのです。(だから売れないのか!)しかし、南條文雄の人生の大凡を知り、南條文雄が自らの生涯の所感を述べた「爪雪処七十九年」を読み、そのなかに述べられている、《この身もまた同じ仮りの器である。》というところに我が意を得たりと痛く感動したのであります。そして、この人物の偉大さを知ったのであります。では、私ごときが余分なことはいいますまい、是非みなさまにも読んでいただきたく、ご紹介だけさせていただこうと思います。

「爪雪処七十九年」へ

|

« 笠原研寿という人 | トップページ | 吉田松陰 »

書画屋よもやま話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南條文雄という人:

« 笠原研寿という人 | トップページ | 吉田松陰 »